2018年07月24日

7月のフランス家庭料理レッスン

7月のフランス家庭料理レッスンも終了です。
連日の猛暑の中、お運びいただきありがとうございました。
わたしも今月は、買い出しかキツかった〜〜
そしてこんな季節なのに(こんな季節だから)、
ムースやパルフェのような冷たいお料理のデモンストレーションが、ほんと大変。
でも生徒さまのご協力のおかげでスムーズに進行しましたよ。

IMG_9564.jpg
さて今月は意外にクラシックなお料理です。
☆赤パプリカのムース
☆生ハムを巻いたシェーブルチーズのサラダ
☆鶏肉の蒸し煮 オレンジソース バスマティライス添え
☆ヌガーグラッセ

IMG_9562.jpg
メインはオレンジの皮と果汁で作るソースがジューシーな鶏肉の蒸し煮。
インドのかおり米、バスマティライスとケールを添えて。

IMG_9374.jpg
赤パプリカのムース、久しぶりに食べるとやっぱり美味しい。
しかも材料、工程がシンプルだから、早速作りましたという方多数。

IMG_9362.jpg
アーモンドプラリネとハチミツのイタリアンメレンゲで作るヌガーグラッセ。

IMG_9648.jpg

しばし南仏気分にさせてくれました♪

posted by 伊藤くみ at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン料理

2018年07月21日

土用丑の日

IMG_9593.jpg

土用丑の日、20日は家族がそろわず、1日遅れのうなぎディ。
わが家のうな丼は、ひつまぶし風に、たっぷり薬味を用意。
しそ、青ネギ、茗荷、わさび、山椒、海苔、白胡麻。
そして、たっぷりのお出汁。

まずはそのまま。
そして薬味をまぜまぜ。
最後にお出汁をかけて。
1杯を大事に(!?)3回おいしくいただきます。

次の二の丑は、8/1だそうです。
しっかり食べて、暑さに負けないぞ。

posted by 伊藤くみ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おうちご飯

2018年07月20日

upper westにお邪魔して

先日、長年レッスンに通ってくださっている年上の生徒さまのカフェに、
同じ曜日のメンバーでお邪魔しました。
世代バラバラのデコボコメンバーです。笑
IMG_9505.jpg
こちらは、お住まいと同じ建物で、週末だけ開けているカフェ。
山小屋じゃないですよ、埼玉の駅近ですよ!
でも、一歩入ると、その空間すべてが独特の居心地の良さ。
全てが、素敵に歳を重ねてきた彼女そのもので、
豊かで温かい雰囲気に癒されました。

IMG_9519.jpg
手作りピッツァもモッチモチ。

IMG_9526.jpg
お庭には、ハーブやベリーがたっくさん。
大きなブラックベリーがたっぷりのってます。

IMG_9531.jpg
建築のお仕事のご主人さまと、二人で少しずつ作ったお店だそうです。
地元のお客様が途切れなくやってきます。

IMG_9517.jpg

何年後かに、こんな風に過ごすためには、今自分が努力して
アウトプットすることが大切なんだなぁと実感。
当たり前だけど、未来の自分は、今の自分が作っていると思いました。

料理教室を通して、いろいろな世代とご一緒できること、
財産です。

#upperwest #自分らしい暮らし #年上の友達 #年下の友達 #異世代交流 #素敵な歳の重ね方 #ていねいな暮らし #人生は冒険だ #伊藤くみ

posted by 伊藤くみ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけご飯

2018年07月10日

7月のレッスン始まっています

IMG_9149.jpg

7月のおウチ料理レッスン、スタートしております♪
日に日に増す暑さを、眼に鮮やかな食卓で吹き飛ばしたいですね。
いつもより、果汁使いなどを増やして、塩分と水分がとれるメニューで構成しました。

前菜プレートは、
☆桃と貝柱のカッペリーニ
☆レンズ豆とトマトのポタージュ
☆カツオのセビーチェ


#レンズ豆のスープ #カッペリーニ #桃のパスタ #セビーチェ #野菜が主役 #夏のテーブル #料理教室imaginer #料理教室東京 #おうちフレンチ #cookingclass #foodcreator #foodstagram #ellegourmet #été #伊藤くみ
posted by 伊藤くみ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | レッスン料理

2018年07月08日

さくらんぼの話

IMG_9261.jpg

久しぶりのブログ、すみません。
実は先月、右手人差し指を骨折。。。パソコンも不自由でした。
が、すっかり良くなりました!

さて、そろそろ最終便の、さくらんぼの話です。
母の実家が、山形県天童市のさくらんぼ農家なので、
子供の頃からこれだけはなんてラッキー!と思いながら、
贅沢食べをさせてもらいました。

さくらんぼも種類がいろいろ。
6/20前後に収穫が始まる「佐藤錦」は皮が柔らかく甘味が強い花形品種。
収穫は10日間程で終了です。
収穫時にお天気が良いと、びっくりする程甘くなります。

その後は「南陽」。大粒で酸味もあり皮はやや硬め。
ぷりぷりしてジューシー。爽やかです!

そしてその後「紅秀峰」。最近の品種で、大粒、真っ赤、ジューシー、
日持ちよしで、最高級品種です。
しっかりと食べ応えもあるしバランスのよい甘さが人気です。

今年最後に届いたのは「ナポレオン」。
懐かしいちょっと昔の、酸味のあるさっぱり味のさくらんぼ。
さくらんぼもいろいろあります。
品種表示って大事ですね。
写真は、左が紅秀峰、右がナポレオンです。

さて、余談ですが、
ナポレオンを送ってくれたのは、従姉妹。
この農家に生まれ、お嫁に出た時に叔父からナポレオンの木を1本もらったそうです。
毎年自分の大切な人に贈っているそう。さくらんぼ作りに情熱をかけた叔父は、
農業コンクールでも表彰されたり、農業委員の選挙にでたり、子供心にもカッコいい人でした。
もう随分前に他界したけど、こうして娘に毎年贈り物を届けていることに、
改めて感動。叔父ちゃんカッコいい!

子供の頃によく食べた、ナポレオンは甘酸っぱい爽やかな味。
初夏のさくらんぼは、やっぱりふるさとの味です。
posted by 伊藤くみ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記