2016年07月15日

プーリアとシチリアのコラボディナー

先日のことですが、イタリア料理のスペシャルコラボディナーに参加しました。
駒込のプーリア料理の「オステリアセルヴァジーナ」の高桑シェフと
あざみ野のシチリア料理「カレット」の小林シェフのスペシャルコラボです。
IMG_6655.JPG
両シェフとも、この日のために入念な準備をされたそうです。
このメニューの蔦も、高桑シェフが山から採ってきたそう。
そんな訳で、プリモからドルチェまでそれぞれ2皿ずつ。食べ切れるかちょっと心配(^^;

FullSizeRender.jpg
すべて高桑シェフの手作りモッツアレラ、ペコリーノ、プロシュート、カボッコロ、パンチェッタ、アクアサーレ!美しい盛り付け。

IMG_6672.JPG
こちらは小林シェフの、なんとクスクスまで手作りのアランチーニ!

IMG_6675.JPG

前の日に、高桑シェフがゲットしてきたキノコ。
ヤマドリタケモドキと赤山鳥茸。
近くの?エトナ火山(シチリア)で採ったそうです^^
IMG_6673.JPG
ちょっとぬめりあますが、お味はポルチーニのよう。

IMG_6678.JPG
シチリア名物マグロの頭にくをカポナータと。火入れが絶妙。

IMG_6682.JPG
最後はビニャータという壺蒸し焼きの子羊肉とカタローニャ(プンタレッタの外葉)煮。
お腹いっぱいで、苦しいけど、トロットロで美味しい!!

イタリア料理の奥深さを実体験。
作る人も、食べる人もマニアックなイタリア愛がいっぱい。
同席できていろんな感動がありました♡
ぜひ、お店にも伺ってみたいです♪
posted by 伊藤くみ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけご飯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176129600
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック