2016年09月03日

秋田のきりたんぽ鍋を習う会

秋田の豊かな食の魅力楽しみました♪
FullSizeRender.jpg
秋田の米文化ときりたんぽの勉強会@カイハウスさまに参加させていただきました。
教えてくださったのは、大館市の「陽気な母さんの店」代表の石垣一子さん。笑顔がかわいらしく、秋田弁のせいかすぐに親しみがわきました。
IMG_7842.JPG
まずは、たんぽ作りから。
もち米は一切入らず、うるち米を潰していきます。
IMG_7844.JPG
これを、秋田杉の串に巻きつけて、塩水をつけてゴロゴロ。
もちろん秋田では囲炉裏端で焼くのですが、ホットプレートでも大丈夫。

IMG_7858.JPG
材料は決まっています!比内地鶏、ごぼう、ねぎ、舞茸、せり。以上!!

IMG_7865.JPG
それにしても比内鶏のお出汁のおいしいこと!
今までも、我流できりたんぽを作って鍋をやっておりましたが、今回コツがよくわかりました。
これはこの冬やらねば!!
IMG_7876.JPG

秋田のお漬物やりんごも持ってきてくださって、温かいサービスの石垣さんですが、農家のお母さんブランドを確立し、雇用と地域の活性化を進めた、女性起業家さんでもあります。自然体がステキでした♡

さあ、残していきたい食文化シリーズ。当教室イマジネでも10月おウチ料理クラスでご紹介いたします。
毎年の鍋メニューに、新メニューいかがですか^^

<空席情報>
只今10/20(木)10時〜のみ空席2
posted by 伊藤くみ at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176988751
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック