2017年01月16日

パリの2つ星THIERRY MARXでランチ

先週のことですが、ランチ初め行きました。
多忙だった年末からのお約束で、昨年オープンした「銀座プレイス」内のパリの2つ星「ティエリーマルクス」へ。
こちらはガストロノミーとビストロがあるのですが、今回は新春にふさわしくガストロノミーレストランへ。
フランス料理好き仲間の神埼則子さんとシトロンヨーコさんとお伺いしました。

FullSizeRender.jpg
始まりのお皿は、細い3種のグリッシーニ。(ごま、栗、ポレンタ)
スプーンには、根セロリとごぼうのピュレ、そして白トリュフ♡
シェフは日本好きで、日本の食材にも精通していると聞いて納得です。

IMG_1310.JPG
炙りアオリイカとからすみ、イカスミのチュイールとセロリのお皿。
からすみがアクセントでまとまっています。
IMG_1317.JPG
フォアグラと鰻のムースと青りんご。
鰻の出汁でつくるクリームが意外性ありました。

FullSizeRender.jpg
こちらの料理はタイトルが「もやしのリゾット」!
シャンピニオンデュクセルのポタージュの下には、リゾットに見立てたもやしが!!
でも味もなじんで、且つ食感が楽しい♪こんな風に使うのですね〜

IMG_1326.JPG
乾杯のシャンパーニュはテタンジェ。
2杯目は、お任せしたところ、アマローネを選んでくださいました。

IMG_1330.JPG
川俣シャモ。皮目パリっとで、ロゼ色の絶妙な火入れの鶏ムネ肉。
ソース・ペリグー(トリュフとマディラのソース)がさらに華やかさを添えています。
実はこの前に、「ハタ」のお皿があったのですが、痛恨の撮り忘れ。
これが、「鍋」をイメージして作ったお料理ということで、大根の桂むきが添えてあり、大根のゆで汁を使った、クリームソースには、ピメンエスペレットが。ゆずコショウも。
それでいて、合わせただけではなく、一体感のあるお料理なのです♡

IMG_1331.JPG
こちら、有田焼のお重。
なんとSweet BENTOという名のデザートです。

IMG_1339.JPG
ひらくとこんな風に(≧▽≦)!!

お料理、感激しました。
とても繊細ですきらきら
どのお料理も奇をてらわないフレンチでありながら、日本に造形が深いシェフだけあって、ナチュラルで、馴染みやすいバランスです。すっと入ってきます。
FullSizeRender.jpg
ティータイムは、ビストロマルクスのテラス席に移動して。
このビューです!!銀座を一望。
開放感たっぷり。
寒いかなと思いましたが、たくさんのひざ掛けやストーブでぽかぽかでした。

IMG_1346.JPG
プティフール達。
フィナンシェも美味しかった♪

FullSizeRender.jpg

お店はブリオッシュとマルクスシェフの横顔が目印です。

ちょっと、年末の疲れが残っていたのですが、帰る頃にはスッとと元気なりました。
心に染み入る丁寧なお料理と、
それぞれ別だけど、同じように頑張っているお友達と、
銀座というよい「気の流れ」で、
エネルギーが充填されたのかなと思います。
さぁ、今年も始めよう!!
posted by 伊藤くみ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけご飯
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178496643
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック